お金がかかる?

こだわりが強すぎると費用が高くなる!

注文住宅で家を建てると、建売住宅の家を購入する場合に比べて、お金がかかるというデメリットがあります。確かに、理想の家を建てるため、こだわりの建材、凝った外観を実現しようとすると費用が高くつくことがあります。実際に注文住宅で家を建てた人と総費用と、建売住宅で購入した家の代金を比較しても、注文住宅で家を建てた人のほうが費用が余計に掛かっているのではないでしょうか。しかし、こだわりの外観を実現するために、複雑な工事を依頼したり、高額な建材を注文した場合は、費用が高くなってしまうのも当然です。注文住宅で家を建てる人は、こだわりの家を建てる人が多く、高価な建材等を使用することが多いため、一般的に家づくりにお金が余計に掛かると言われています。

工夫次第で費用は安くできる!

注文住宅で家を建てると余計にお金がかかるのではなく、複雑な設計を依頼したり高額な建材を使用することが原因で、費用が高くなっているというのが本当のところです。シンプルな外観の家づくりを目指し、費用の安い建材を使用するようにすれば、建売住宅と同等か、それよりも安い費用で家を建てることができます。 つまり家づくりの費用を安く抑えたいという人は、工夫次第で建売住宅よりも安く家を建てることができるということになります。例えばリビングやキッチンなど、こだわりたい場所には高価な建材を使い、押し入れや物置などの目立たない場所には安い建材を利用するようにすれば、費用を安く抑えることができます。シンプルで素敵な外観の家を建てることを心がければ、思っているよりもずっと安い費用で注文住宅を建てることができるでしょう。